タロットカードの構成

スポンサードリンク プライバシーポリシー

タロットカードは、大アルカナ小アルカナ
占いをするのが基本ではないでしょうか。

販売されているカードそのものや解説本、説明されているものなども
大半は大アルカナの絵柄、イラストと共に意味占い方が載ってますね。

種類もたくさん出てはいますが値段の手頃感と
スタンダードなものを選ぶのが初心者にはいいでしょう。


タロット占いは、西洋占星学と並んで最もポピュラーな占いです

タロット占いのカードは、マルセイユ版ウェィト版など
複数の種類があり、種類によって占いの解釈が違うし、
絵柄(図柄)自体が全く異なる。

現存する最も古いタロットカードは、
1400年頃のイタリアで作られたものだそうです。

その後、フランスにてマルセイユ版が作成され、
現在のような形になっていきました。


19世紀に魔術と結びつき、ウェィト版が誕生。

今日に至るまでタロット占いの主流として、
このウェィト版が使用されている。


タロットカードは、73枚で構成

占いは、22枚大アルカナと呼ばれるカードと、
56枚
小アルカナと呼ばれるカードを使って占う。

全てのカードの象徴や意味をすぐに覚えることは難しいでしょう。
ですから、最初は大アルカナの22枚を使って基礎を学び、
占えるようになりましょう


SPONSORED LINK

スポンサードリンク

SPONSORED LINK