誕生花のいろいろ

 

誕生花とは字のごとく誕生日ですね。これにはいろいろありますが当然ですよね。1年366日あるわけですから。カレンダーなど一覧で見てみると興味深くでおもしろいですよ。

誕生日の花誕生花。ということは、366日誕生花があるってことです。えっ!? 一年は365日だから、365日誕生花の間違いでは? と思われる方もいることでしょう・・・。「うるう年」をお忘れですね!うるう年2月29日にも誕生花は当然ながらありますよ。

じゃあ、誕生花366個終わり、といったらそうではないんですよ。ややこしいですね。実は、たくさんの種類があるんです。

例えば、2月29日誕生花ヨモギ)。えっ、花じゃないじゃん?、と思われそうですが、誕生花には、およそイメージのとぼしい、としか思えないものも数多く入っているのです。

2月29日誕生花には、他には・・・

ワスレナグサ忘れな草)、
ハマカンザシ浜かんざしアルメリア)、
ハナムギ麦=花材に用いられる大麦)、
アイスランドポピー(=シベリアヒナゲシ、いわゆるポピーってやつです♪)、
トウツバキ唐椿)、
エンレイソウ延齢草)、
サンシュユ山茱萸

といった植物があるのですよ。ホント多いですね。花期のイメージのほか、忘れな草や、延齢草が入っているのは、うるう日という特別な日に「ちなんで」いるようですよ。

植物の名称は、同じものでも異なる名前で呼ばれていることも多々あるので、ちょっとだけ気をつけなければならないですね。

© 2021 rss