猫の病気について

スポンサードリンク プライバシーポリシー

病気も症状別に様々。

よだれ、吐く、嘔吐といった口の関係や
目やに、くしゃみなどのや鼻なども
早く気がつきやすいですね、それと皮膚
脱毛も直接、見えますので発見は早いでしょう。

下痢や血便、血尿といったものが出たら治療の為、
動物病院の獣医さんに診てもらいましょう。


病気は、初期段階では飼い主であっても、
なかなか気がつかないもの。

が吐いたり、下痢などをして初めて、
病気だと気がつくケースが多いですね。

病気かも!と思ったら、即、動物病院
連れて行ってあげましょう。

獣医さんに診てもらえば安心しますよ。

動物病院では必要に応じ、問診や身体検査、
糞や尿の検査、血液検査、レントゲン、
エコー、心電図検査など様々なことを
行ってくれ、適切な薬を処方してくれる。


病気には、伝染病をはじめ、
命にかかわるようなものが、
もちろんあります。

特に、野良猫と接触する機会のある猫は、
特に病気にかかりやすいとのことなので
注意が必要です。

定期的に、病気の予防の為、動物病院で
ワクチンの予防接種や健康診断を
受けさせてあげるのがいいでしょう。


SPONSORED LINK

スポンサードリンク

SPONSORED LINK