就職、転職に有利な資格

スポンサードリンク プライバシーポリシー

資格を取ろうとする場合は、
その資格が「就職、転職に有利な資格であるのか無いのか」
というのは絶対に見逃せない点であろう。

残念ながら、職種や仕事の分野により
持っていると有利な資格”というものは
千差万別となってしまいますよね。


IT業界ならシスアド不動産業界ならば宅建宅地建物取引主任者)、
金融業界
であればファイナンシャル・プランナー
旅行業界
なら一般旅行業務取扱主任者などなどキリがありませんが、
有効であると騒がれる資格は多岐に及びますね。


医師や弁護士、税理士や司法書士などの独立開業可能で且つ、
超難関の国家資格は除外するとして、一般的いえば、
どんな資格があると就職、転職に有利に働くのでしょう?

ビジネス系資格としては、やっぱりダントツの英語力判定TOEIC
700程度は欲しいところ。 

あと、日商簿記検定2級以上、
英検
実用英語技能検定)であれば1級準1級
秘書検定であれば1級あたりが社会的に信頼を得ている資格ですね。

これらは、どんな業種、職場でも通用しますよ。


事務職の場合は、パソコン検定P検)、
MOS
マイクロソフト オフィス スペシャリスト)といった
実戦力重視のスキルが評価されるいいでしょう。 

就職や転職有利な資格といわれています。


就職、転職を考えるならば、社会的に評価の高い資格類の取得は、
可能な限りしておいた方がよいでしょう。

しかし、資格取得は一定の知識・スキルの証明にはなるのですが、
やはりこれだけは、なかなか採用が決まるものでもないのです。

やる気や実務経験、豊かな人間性が伴ってこそ、
有利に働くのだという事を忘れないでほしい。


SPONSORED LINK

スポンサードリンク

SPONSORED LINK