ゴルフのルール(打順)

スポンサードリンク プライバシーポリシー

ゴルフは、広~いホール
18個も回る(しかも1日で!)競技になっていますよね。

土・日・祝など混んでいる時は、何組ものプレーヤーが
順番にホールを使う事になるので、時間に遅れないようするのは
当然として、ボールをはるか彼方に飛ばしてしまい、他のプレーヤーを
危険にさらすことのないなど、ルール以前マナーの部分には、
特に念入りに気をつけたいもの。


ゴルフのプレー順序のルールは、最初のホールでは
話し合いで、打つ順番を決めますね。

始めに打つ人のことをオナーと呼ぶ。

ゴルフのホールで最初に打つ球のことを、ティーショットと呼び、
とても集中する必要があるので、
絶対に他の人の邪魔をしないよう注意しましょう!

1ホールが終わった後は、前のホールで打数が少ない順に
先に打つルールとなっている。

もし、同じ打数の人がいる場合、その人たちは
前のホールの打順で打つのが一般的になっています。


ゴルフは午前中、8ホール回ったあたりで昼頃となりますので、
昼食をここで取ることになります。

午後のプレー順番は、前のホールのスコア順でも、
話し合って決めてもいいので、メンバーどうしで
相談するのがよいでしょう。

ティーショットで、空振りをしてしまうケースも頻繁に発生します。

ゴルフのルール上の決まりで、空振りも1打と数えられるのですが
初心者の場合は、素振りとして多めに見てもらえる場合が多いのでご安心を。

景色プレーを純粋に楽しみながらも、お互いの配慮で
気持ちよくゴルフをしてほしいものです。


SPONSORED LINK

スポンサードリンク

SPONSORED LINK